2017.12.27

PAY.JPの実装について

こんにちは、福本です。
最近いろいろな決済サービスが増えているのですが、弊社ではPAY.JPの採用実績があります。

特徴としては

  • 契約がお手軽
  • VISA、MasterCardについて手数料が安い
  • 定期課金が出来る
  • 実装がお手軽(とは言え気は使うし、他社も簡単にはなっている)

と言った感じです。
本番利用についてはカードの審査があるのですが、
弊社では数日でさっと通りました。

ちなみに、VISAとMasterCard以外のカードを利用する場合は別の申請と審査があります。

個人的にはややこしい手続きなく、ひとまずテスト環境が利用できるのがとても嬉しかったです。
テスト用のカード番号があるのと、管理のためのダッシュボードがテスト用・本番用でわかりやすく切り替えができるようになっていて、ささっと使えます。

ドキュメントも充実しているのと、なにより僕にとってはPHPライブラリがあるのが嬉しかったです。
ちなみに、

・Python
・Ruby
・PHP
・Java
・Node
・Perl
・Go
・iOS
・Android

ライブラリがあります。

<PAY.JP 公式ライブラリ>

セキュリティのためのカード情報のトークン化も、カードの認証の処理と合わせて
実装方法が明確に記載されていて、うまく行ってるのかわからない実装を泣きながらやるというのがなかったです。

 

<カード情報のトークン化>

あとは、Facebookメッセンジャーで問い合わせを受けてくれてたので
とりあえずわからないことはポンポン聞くというのが楽で良かったです。
※大変残念ながら今はメッセンジャーでの連絡ボタンは消えていました。

なにはともあれ実装までのハードルをかなり下げてくれてるので

  • 独自サービス内でカード決済を取り急ぎ実装したい!

というならとってもおすすめです。

ただ1点だけ気をつけてほしいのが、決済可能な通貨が円のみという点です。
海外からも決済は出来るのですが、
”発行元現地の通貨への為替変換が発行元の定めたレートや手数料で行われることになります。”
ということでした。

各通貨で決済したいとかでなければ、おすすめです!