2017.12.28

ワイズエッグプロジェクトスタート。ところでひらめきって何?

ども。ワイズエッグの秋國です。

ワイズエッグは、この11年間、多くのクライアントさんと、様々な閃きを生み出して、形にしてきました。
そして、そろそろ、その閃きに関連するプロジェクトを立ち上げようか!
ということで、ワイズエッグプロジェクトをスタートさせます。

具体的には、
コンセプトにもなってる

ひらめきをカタチに
を分解して、

「ひらめき に関連するプロジェクト」

「カタチに(する) 関連するプロジェクト」

の2つに分けて行う予定!
以前、リリースしたサービス。 SPARK!! は

「ひらめき に関連するプロジェクト」
に該当するイメージ。
このサービスも、もっと、メンテナンスをかけて行きたいんだけど、
グロースするには、色々と課題があるのと、なかなかスタートアップ的な戦いができていないというネックがある案件。
(この辺りは、また、別の機会に。)

そして、
2018年1月には
「カタチに(する) 関連するプロジェクト」
に該当するサービスをリリース予定。

特に、すでにネット上で独自のコミュニティを気づきあげている方々に使って欲しいサービスかなー。
また、リリースをしたら、共有しますね。
通常業務に対して、サイドプロジェクトとして、定期的にMTをしながら実施している案件。海外対応する前提で作ってるから、結構勉強することが多い案件でもある。

先日、やっとこさ、リーンキャンパス、ペルソナ、カスタマージャーニーマップを作り上げ、サービスの具体的な内容に突入したところです。

今回、取った手法がどこまでうまく行くのか。これはこれで楽しみです。
ところで、ひらめきって何なんだろうね。

デジタル大辞泉によると、

ひらめき=
すばらしい考えなどが瞬間的に思い浮かぶこと。直感的な鋭さ。

一方で、

思いつき=
思いついたこと。ふと浮かんだ考え。

これを見る限りだと、素晴らしい考えかどうかがひらめきと思いつきを分けるみたいやね。
そう考えると、カタチになり、何かの課題解決や、なんらかの結果を出した時に、その考えが、ひらめきか、思いつきかを分けるのかもしれない。

さ、今作っているサービスは、思いつきなのか、ひらめきなのか!
乞うご期待!

そうそう、1月にリリースするサービスを開発するにあたって、取った手法は、「起業の科学」を参考にしながら、作っているところ。
事前に、その閃きが、ロクでもないか、価値がありそうかを、チェックしながら、カタチにしていけるので、結構、参考図書としては、おすすめです!

秋國 寛秋國 寛ワイズエッグ代表取締役 CEO
学生時代、飲食店経営、人力車などを経験し、ヒューマングループへ。在籍中上場前後を末席ながら経験し、ワイズエッグを起業。40才前半には、暖かい気候のところで自分の島を購入する予定。
Facebooktwitter